JISマーク認証維持審査の支援サービス

JQAとの連携で、審査通過をスムーズに!

ファインテックでは、民間認証機関である一般財団法人日本品質保証機構様(JQA)と強力な連携をとり、お客様の維持審査がスムーズに進むようにご支援いたします。


維持審査において注意すべきポイント

 JIS認証の維持審査において特に気を付けなければならない点は、審査員からの指摘事項への対応です。

 

指摘事項とは・・・
社内規格又はその運用にあたり審査基準に不適合と判断された場合に、民間認証機関(JQA、建材試験センターなど)から出される指摘のこと。

 

 指摘事項が発出された場合は、30日以内に対応しなければ、法的措置(JISマーク表示の一時停止など)の対象となることがあります。このため、維持審査に通過するためには、「指摘事項」への対応が重要です。


ファインテックでの取り組み

 前項で述べたように、審査の際に指摘事項を受けると、その後の対応が必要となり、審査通過までのプロセスが労力のかかるものとなります。

 

 ファインテックでは、そのような事態を避けるために、審査開始に先立ち、JIS法の視点で課題を見直しいたします。その結果、指摘事項のリスクを軽減でき、作業が効率的にすすみます。


サービス内容

1.調査業務

JIS維持審査に向け、現状を確認し、論点を整理致します。本業務には主に以下の内容が含まれます:

  1. 該当JIS、JIS省令などの確認
  2. 社内体制の整備状況確認
  3. 社内体制の運用状況などに関する総合評価

2.研修対応業務

JIS維持審査に関する研修を行います。本研修には以下の内容が含まれます:

  1. JISマークなどの誤表示防止の教育訓練の一部
  2. 維持審査の基本的な流れ
  3. 質疑のポイント

3.審査支援業務